赤い橋

たるみなどのトラブル

加齢によって肌は老化し、しわやたるみなどの肌トラブルになって出てきます。ほうれい線が1本あるだけでプラス10歳くらい老けて見えてしまいます。しわができてしまう原因は肌の水分不足です。年齢を重ねるごとに肌をリフトアップさせたり、潤いを保ったりするエラスチンやコラーゲンは減少していきます。化粧品でそれらを補給する必要がありますが、何万円もするクリームなどを使っても肌の水分量が少ないと意味がありません。ほうれい線が出てしまってる肌は絞ったタオルと同じです。ほったらかしにすると深いしわが刻まれてしまいます。ほうれい線を消すにはまず水分をよく摂取することから始めてください。それと同時並行でほうれい線を消すスキンケアをしていきます。

スキンケアでは化粧品の選び方が重要になります。ほうれい線を消すには化粧水が重要です。まず化粧水は3千円以上の商品にします。そしてそのラインでクレンジングからクリームまで揃えます。なぜ3千円以上の化粧水なのかというと安い化粧水はアルカリ性か中性でできています。日本人の肌は弱酸性なのでアルカリ性などの化粧品を使ってしまうと肌の水分バランスが崩れてしまいます。スキンケア方法は簡単です。乾燥肌をよくするためにたっぷりの化粧水をコットンに付け、気になる部分を中心にパッティングしていきます。毛穴の開きも消すことが出来、美肌効果が上がります。あとは乳液や美容液で栄養や水分を閉じ込めればOKです。たまにフェイシャルエステや自分でも顔のマッサージをするとより効果的です。