赤い橋

お手軽二重まぶた整形

今、メイクで最も注目されているのが目元です。目力という言葉が流行になるように、目はその人を最も印象づける箇所と言われています。そこでアイメイクが盛んとなっていますが、アイシャドウを乗せるにしてもアイラインやマスカラで強調するにしても、二重まぶたをもとにして行うのが基本です。ところが、ある調査によると日本人の7割が一重まぶたで、二重まぶたは3割ほどと少数派なのです。これでは望んだメイクができないからと、シールタイプの二重を作るグッズなどが人気となっていますが、結局取ってしまえばまた一重に戻ってしまいます。また、二重まぶたにできるマッサージや体操などが紹介されていますが、やり過ぎた場合目元にシワができたり腫れができるなど、かえって不自然になる可能性があるため注意が必要です。しかし、できれば常時二重まぶたでいたい、というのは女性なら誰もが願うことといっても過言ではないでしょう。そんな願いが叶えられるのが、美容整形の二重まぶたの施術です。美容整形の施術は、長年の経験と医学に基づいた技術で、望み通りの目元を手に入れることができるとされています。

美容整形の二重まぶた施術は高い効果があると言われていますが、それでも美容整形そのものに抵抗がある女性はまだ少なくないようです。これは、美容整形が手術や顔にメスを入れるというイメージが強いせいとされています。もちろん、二重まぶたの施術にもそうしたメスを使うものがありますが、ただし手術というほど大掛かりなものではなく、ほんの少し切開するだけでわずか20分ほどで終了する簡単なものです。こうした切開法は、永久に二重まぶたであり続けることが可能な優れた方法として知られています。ただ、それでもどうしてもメスに抵抗がある人には、メスを使わない所謂プチ整形の埋没法という施術が推奨されています。これは、まぶたにひだを作って糸でとめるといった施術で、わずか10分程度で終了する非常に手軽な方法です。術後の腫れもほとんどなく、安全で自然な二重まぶたが完成することから、非常に人気の高い施術です。